日記ネタ提供企画“2009年度版初登場☆☆フレンチのエディション・コウジ シモムラでランチ”

遠方に住む長い付き合いの友達が、久々仕事以外で上京してくるので、お楽しみ企画をすることになった。
彼女は多面性を持っていて、知り合った頃は家事全般を完璧にこなすお嬢様な雰囲気を残した良妻というイメージだったが、今はバリバリ仕事をこなすキャリアウーマン。
雰囲気は物静かでも、スキーは指導員資格を取得する程の運動能力を持ちアラフィーとなった今でもボディーメイクには一家言持っている。
そんな彼女の根底に流れているのは、なんでも中途半端は嫌いな完璧主義者なのかもしれない。
そんなところがGREEで日記を毎日更新している事にも現れている。
今回はそのネタになりそうなものをとの事。
私が企画するのだからしばらく東京暮らしから遠ざかっている彼女にと、思いっきり東京っぽいグルメ系をいくつか提案。
彼女が選んだのはミシュラン☆企画。
2009年度版が発行されて間もないので予約が取れるかが問題だ。
私がピックアップしたお店からいくつか選んでもらい希望順に電話を入れたところ、
1番:☆☆フレンチは満席(まぁ当たり前か)
2番:新☆☆フレンチは電話が繋がらず(やっぱな〜)やっと繋がったら満席(だよねー)
3番:☆☆へ昇格したイタリアンではすんなり予約が取れた。
とりあえず、ミシュラン☆企画は成立。
でも時期が時期なだけにキャンセルも多いだろうと思い、1番2番のお店にはしっかりキャンセル待ちの希望を告げておいた。
ここまでは先月末のお話。
そして前日の午後2時過ぎ、やっぱり2番のお店から電話がO(≧∇≦)O イエイ!!
3番の☆☆イタリアンにはキャンセルを。
ごめんなさい<(。_。)> でも、いずれ必ず伺いますぅ。
ということで、“2009年度版初登場☆☆フレンチのエディション・コウジ シモムラでランチ”に企画は決定。

お料理からサービスにまで辛口評価をしながら以下のお皿を平らげた。
b0034284_13361691.jpgアミューズは生ハムとケッパーの茎、バジル風味のミニバーガーとパルメザンのテュイル
面白いけど特筆すべきものはなし。


b0034284_13201336.jpg私が選んだ前菜は冷製ブータンノアール
カンテサンスが斬新なブータンノアールで評判を取ったからなのか、先日のシェ松尾に続きここでも登場していたので比べてみたくなったのだ。
どのお店も一応☆付きであるからして、どれも美味しいモノだったが、造りは全く別物。
ネットリとして濃厚なのだが生のリンゴと一緒に頂くからなのかしつこさは感じない。
私としてはちょっとチョコレートみたいで滑らかすぎるような・・
古典的なブータンノアールが苦手な人にはクセも何も無くて受けるのかもしれないけど、味わいが無くて物足りない感じが。
意地悪い言い方をすると、これなら別にブータンノアールじゃなくてもいいジャンっていうか。
シェ松尾の場合は生クリームが使われているようなムースっぽい柔らかい状態で、乳製品の濃厚さやコクが前に出てる感じもしたが、お味は好きだったな。


b0034284_1321417.jpgフォアグラ好きな友達が選んだフォアグラといちじくのテリーヌ。

b0034284_13211856.jpgシェフのスペシャリテ
カダイフを纏った的鯛のフリット
見た目だけでは特筆することはないのだけど、揚げ物って事を忘れるほど軽やかなのはワザなんだろうなぁ。
上にチリチリとしたチーズが乗り、その上にはブロッコリースプラウトが。
ブロッコリーのクーリは特筆する物ではなかったが、レモンのコンフィチュールの酸味がメリハリを利かせていたのは私好み。


b0034284_13345374.jpgメインのお肉は鴨のロースト
奇しくも先日のシェ松尾と同じだったので、またまた比較。
料理としてはこちらの方が新鮮みを感じたのと、ポーションも少しこちらの方が大きくて(ここ大事!)焼き加減もすべて少しずつこちらに軍配が。
この鴨のローストだけで評価すると、カンテサンスが☆☆☆、ここが☆☆、シェ松尾が☆というのには納得させられた。

b0034284_13352057.jpgデセールは
生クリームを使わないカカオのガナッシュとカカオウォーター
テーブルでオリーヴオイルがかけられ、粉末状のカカオソルベが添えられる。
スイーツでは初めての黒オリーヴも使われていた。
ガナッシュにちょっぴりかかっている塩が抑えられた甘味を引き出している大人のデセール。


b0034284_13353890.jpg最後のミニャルディーズは
豆乳とチコリコーヒーのプティポのグラスにルバーブのコンフィにむかごが乗せられていた。


画像には無いが、私が選んだハーヴティーは◎で、ポットがおしゃれだった。
ただサービスの人数が☆☆としては少なすぎたし、可も無し不可も無しだった。
ここの点では先日のシェ松尾には遠く及ばなかった。

彼女との食事は昔から美味しいモノを目掛けてか、或いはファミレスでコーヒーとサラダのみダイエットで話しがメインかの両極どちらかだった。
彼女の仕事が忙しくなって長電話も減ってしまったので今回は込み入った話もしたいし☆☆フレンチもしっかり味わいたいしで、私としては多少中途半端になってしまった感が・・・
たまの休みなんだから早く帰さねばとも思いランチの後も時間を気にしながら小一時間話しただけで・・・
仕事でも私生活でも変化を迎えようとしている彼女にとって有意義な1日であったかが別れた後気になってしまった。
ま、最低限日記のネタにはなっただろうからそれでよしとしてくれてるかな。
Commented by あさりママ at 2008-12-26 23:51 x
Mintmama!さんの辛口評価が好きです♪
とっても美味しそうですが、そ~~なのか~~と感心しつつ、でも目で見ているとお腹がぐっ~~っと鳴ってしまいそうです。

日記を毎日つけることなど、絶対出来ない私には、続ける秘訣を教えてもらいたいです!
Commented by with-Mint at 2008-12-27 18:03
あさりママさんだって、お仕事のブログしっかり更新されてるじゃないですか!!
コメントへのお答えなんかも凄く丁寧だし、調べ物もちゃんとしてえらいな〜って思って拝見してるんですよ。

え〜っと、私の辛口コメント無責任でしょ〜?!
お金を頂いて評論する人って大変ですよね。
でも、好き勝手書いてる方もいるけどね〜〜ε=(>ε<)

人間の慣れって恐ろしいですよね。
似たような物を食べると、だんだん驚きや感動が
無くなってくるものだから・・・どんどん辛口になってきちゃいますぅ。
by with-Mint | 2008-12-16 23:36 | gourmet | Comments(2)

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint