シュトーレンとフルーツケーキ

Mintの病院を紹介してくださったお料理の先生がHPSalon Pile ou Faceを始められたと知り、久々にクリスマスの特別講習会に参加してきました。

レギュラーのお教室はデモンストレーション方式で生徒は作らないのだけど、今回は実習付きだったので足を引っ張らないかドキドキ
b0034284_0305763.jpg

シュトーレンはイーストを使ったパン生地にフルーツとナッツを漬け込んだものを混ぜ込んだものでした。
しばらくパン作りをしていなかったのでこねる作業の力のいれ具合が足りなくて、生地を纏めるのがちょっと・・・・・発酵中です。
b0034284_0341793.jpg

焼き上がりにバターをたっぷり塗ってグラニュー糖をまぶしているところ
b0034284_0372155.jpg

いただく直前に粉糖を振りかけてカット。
シュトレンの形はキリスト生誕の時のおくるみ姿を表しているのだそうです。
今まで何も知らずに食べてましたぁ。


b0034284_0354330.jpg

同じ漬け込みフルーツをつかってフルーツケーキも作りました。
こちらは生地にバターがたっぷり。
b0034284_0391142.jpg

数日経った方が美味しいので、事前に先生が焼いておかれたものを試食。
スパイスたっぷり、甘さ控えめの大人の味でした。
b0034284_0412372.jpg

綺麗にラッピングして頂きました。
これだけでもしっかりクリスマス気分♪

今回はケーキを焼く回だけ参加しましたが、1ヶ月前にフルーツとナッツ類の漬け込み作業がありました。
来年用にこの冬にフルーツの漬け込みをしてみようかなと思います。
シュトーレンはドイツのものですが、イギリスのクリスマスプディングや、ミンスミートパイも
漬け込みフルーツを使うのでまとめてどっさり仕込もうかな。


by with-Mint | 2010-12-18 22:02 | gourmet | Comments(0)

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint