ロシアン仲間の家庭訪問

昨年猫の肖像画館原画展のポスターを作って下さったのをきっかけに、親しくさせて頂いてきたロシアン仲間のLeeさんがやっとMintに会いに来て下さった。
それも、数々の貢ぎ物を携えて!!
恐縮至極でございましたぁ・・・・

丁度、配達に来た酒屋さんと一緒にいらしたためか、Mintが慣れたせいかはわからないけど、初めからふらふらと歩き回って、とっても自然にしていた。
カウチ下からの偵察時間はあまりなかったのは、大進歩だね!ミンちゃん!!
余りに自然だったため、いつものように別室で勝手に日向ぼっこしちゃったりして、
結局お持てなし上手とまではいかなかったのが、いかにもMintらしいなぁ・・・


LeeさんのサイトLee倶楽部に初めてお邪魔し、初代ロシアンのあーちゃくんの物語を読んで、すっかりあーちゃくんの虜になってしまったのと時を同じくして、2代目ケヴィンくんが家出、割とすぐにお戻りになったのだけど、おなじロシアン仲間として生きた心地がしなかった。
それ以来暴走ケビン君(いまでは面倒見の良いお兄ちゃんに大変身したのだけど、いまだに我が家ではこの呼び名が気に入ってるの〜)のファンにもなり、Lee倶楽部に足繁く通うようになった。
沢山の部員達に囲まれたLee部長は、温かな優しさでみんなを包み込むような、肝っ玉母さんタイプとは又違った、器の大きさを感じさせる方。
人間、ワンちゃん、猫ちゃん、それにフェレットという大家族を纏める事と共に、1人1人といかに密接に関わってあげるかということも、とても大切に考え、実践していらっしゃる。究極の多頭飼いをハッピーに続けてこられたのは、こういう努力の賜物なのだな〜。

Mintはほんとに鳴かない子だけど、やっぱりケヴィン君もそうなのだって。
声が聞けるのは、ご飯の時だけというのもそっくり。
ご飯の時に、おあずけして、一声発したらハイどうぞ、とあげているんだそうな。
Mintもやってみようかぁ〜


今日はタケノコとフキのカニピラフはそろそろ終わりにして、お一人だからお顔を見てからリゾットを作ろうと思っていたけど、なんだかおしゃべりに夢中になっているうちに、お腹も一杯になってしまい作らず終い。
その上ボーっとしていて、食後のコーヒーも忘れて、とんだ失敗を。
同い年だし、ロシアン仲間だし、久々にお目にかかったというのに、遠慮無くいろんなおしゃべりをさせてもらって、
b0034284_23534042.jpgあっと言う間にお帰りの時間が来てしまった。
部長の帰りを待つ大勢の部員の為、もっとお引き留めしたいところをグッとこらえて、肉球白玉ぜんざいでお開きに。
帰り際に抱っこしてもらいました。


b0034284_2334585.jpg

    可愛いパッケージの横で、ネックレスを自慢するMint

b0034284_23343130.jpg
パールとMint色のスワロフスキーで作られたクラウンと、お揃いのネックレス。
もう一つ、ブルーの毛色に合わせたパールとシルバーのシックなネックレスまで。
ブルーの毛色にパールは似合うと、密かに思っていたのだけど、ドンピシャリのコーディネイトにうっとり。


クラウンをつけての撮影は今日はおあずけで、またまた爆睡のミントでした。

おしっこ    計5回
うんP     夜1回
Commented by Lee at 2005-05-23 23:16 x
ミント王子様~♪乳母様~♪(笑)
お世話になり ありがとうございました。
楽しい時間はあっという間でお名残惜しゅうございました。
こんなに素敵に紹介してもらって、頑張った甲斐があったってもんでぇぃ。
今度はうちで部員まみれになっていただけるように頑張ります。
ほんとにありがとぉぉぉ。
Commented by with-Mint at 2005-05-24 00:08
Lee倶楽部の部員さんたちにお目もじが叶う日を楽しみにしてますニャ!
Mint共々次回はもっとお持てなし頑張るので、また来てやって下さいね〜

Commented by アリスママ at 2005-06-12 17:29 x
アリスママです。初めてお邪魔します〜♪
ミントちゃんLeeさんに抱っこされたり素敵なジュエリーをもらって良かったね。とてもお似合いですよ。
ああ〜私もミントちゃんを抱き抱きしたい(^○^)
Commented by with-Mint at 2005-06-12 18:14
アリスママさん、お忙しいのに、見に来てくださって、ありがとうございま〜〜す!!
その上わざわざコメントまで・・・
恐縮ですぅ
ぜひいずれ抱っこしてやってくださいませね。
私もラムちゃん&ジンちゃんに遊んでもらいたいで〜〜す!
by with-Mint | 2005-05-20 23:29 | nekobaka | Comments(4)

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint