手作り迷子札

3年ほど前に首輪屋さんのサービスで、革製の首輪に通して付ける迷子札を
作ってもらい、ずっと愛用してきた。
ベージュ色の皮にクラフト用の電気ペンで、電話番号を焼き入れたものだ。
使い込むうちに、だんだん色が濃くなってきて焼き入れ文字が読みづらくなり、
昨日とうとう皮が切れてしまった。
次の物を用意しなければと思いつつ、同じようなものが見つからず、
同じお店といっても、ビーナスフォートのワゴンのお店だったので、
わざわざそのために行くのも・・・
革細工屋さんに頼んでみようかと思いつつ、そのお値段を想像していたとき、
ふとあの焼き付けているペンみたいなのっていくらぐらいするんだろう
自作することを思いついた。
さっそく東急ハンズに電話すると、約4000円弱とのこと。
ちょっとお高いなぁ・・・と、サイトで検索していると、その画像が出ていて、
また閃いた
うちにあるハンダに取り替え芯みたいにくっつけたら・・・
工具箱を開けてみると、電気ペンっぽいものがあるジャン!
そこでさっそく日暮里に飛んでいき、120円の細切れの皮をゲット。
まずは練習のつもりで、おそるおそる・・・
な〜んだ簡単に書けるもんジャン!!
おまけ欲しさに首輪を買ったり、革細工屋さんにオーダーなんてしなくて
ほんとによかったニャ〜〜〜!!
これでちょっと汚れてもすぐに新しいのを作ってあげられるよ〜ミンちゃん。b0034284_2337839.jpg
新しい迷子札をつけて、今日もチャプチャプごはんを食べるMint
by with-Mint | 2005-09-29 12:18 | Mint diary

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint