怒濤の連休最終日(やっと書く気力が・・・)

9日早朝、友達からお通夜と葬儀の連絡がきた。
実は、引っ越し先のマンション内覧会が予定されていた。
設備の説明だけなら、欠席してもなんとかなるだろうし、家具の配置などの為採寸するのは、引っ越し日に余裕があるので鍵をもらってからでも間に合うのだけど、
各部屋の内装のチェックをして不備な点や、傷などのクレームなどを自己申告するチャンスは鍵の受け渡しの前にしなければならないので、欠席はしたくない。
色々考え時刻表とにらめっこした結果、内覧会を要領よく済ませれば、お通夜の時間に駆けつける事が出来そうだと判断。
それからすぐに着替えられるよう、お通夜に出掛ける準備を万端に整え9時半に内覧会に出発。
引っ越し先は大規模マンションなので、内覧会も大勢のスタッフが勢揃いし、
なかなかものものしくて面白かった。
中庭に置かれたステンレス製の桜の木のオブジェの説明を恭しくするスタッフ。
コンパニオンなのか、社員なのか・・お揃いのコートを着込んでるけど、
これもマンションの代金に入っているのよね・・・とか、
有名な作家の作品かなんかしらないけど、こんなオブジェより、
本物の桜の木や竹を増やした方がずっとステキでかつお安いのに・・・とか、
各棟を結ぶ通路の透明の屋根や、水の流れる人工池や、ガラスの鉢、
あぁぁぁ・・掃除代で管理費食うなぁ・・・・等々
共用施設の数々を見て、この状態を維持管理するのは
(現マンションの理事会役員で関心事でもあるので)経費がかかるだろうとか、
ほんとにちゃんと運営できるのだろうかとか、
内心激しく突っ込みながらも、必死で部屋の採寸や内装をチェック。
中庭と思っていたら、ただの通路じゃない!とか、
トランクルームは空調こそ整っているものの、コンクリート張りの地下室に
ヨド物置が並んでるに等しいじゃないか!とか・・・・
期待はずれも多々あったけど、ベランダからちっちゃくではあるけど、東京タワーが
見えたことが諦めていただけにプチハッピー。
でも、ここから落ちたら絶望的だし、ネットを張るのは大がかりすぎるということで
ベランダにMintを出すことは残念ながら断念。

もっとじっくりみたいところだったけど、時間切れで着替えに戻りお通夜に出発。

こだまを降りて、タクシーで30分。
女性の運転手さんで、行き先が葬儀場だということで、事情を話すことになった。
お正月に2日間かなりの雪が降ったのだとか。
それはもう、とっても珍しいことで、日影にはまだ雪が残っている程だった。
きっと寒さも不幸の引き金になったのだろうと思われた。
30年以上も経つと、すっかり変わっていて、まるで始めてきた町のようだった。
会場に着いて受付を終えて、親族控え室に行く途中、友達のお母様が
がっくりと肩を落としてこちらに向かってみえた。
駆け寄って声をかけたが、何を言っても虚しい気がした。
友達と子ども達も続いて出てきたが、ご主人だけがクリスチャンだったということで、
色々と大変な事があるのだとかで、気丈に振る舞っていた。

棺に横たえられたご主人は、友達と子ども達のすぐ前で眠っているというのに、
手の届かないところに昇っていってしまったんだなぁ・・・と
しみじみ感じて悲しかった。
式が終わってから、友達が子ども達に病院から電話した友達だと私を紹介すると、
長女が声を上げて泣き出してしまった。
せっかく相談してくれたのに、何も良いことが言ってあげられずにごめんなさいと、
私も堪えきれなくなってしまった。
友達は始終気丈に振る舞っていたものの、仕事に復帰する気力が
無くなっているような口振りで、相当気落ちしているのがわかった。
でも、お母様はすっかり気弱になってしまわれているし、
子ども達も含めてしっかり纏めていかねばならず、悲しんでばかりいられない様子だった。
「また色々相談に乗ってね」と落ち着いたら再会する約束をした別れ際、
「なんだかんだ言ってても、(夫婦和気藹々というわけじゃなかったからなぁ・・)
居なくなったら、やっぱり寂しいもんだわ」と、ぽつんと呟いたのが
ずしんと胸に響いた。


深夜に家に戻ると、玄関でMintが出迎えてくれた。
ご主人も虹の橋でミミちゃんにお迎えしてもらっていますように・・
Commented by スタルカ at 2006-01-17 22:51 x
いろいろとお疲れさまでした。
楽しい集まりは何時間でも疲れないけど、悲しい集まりは心も身体も疲れますね。くれぐれもmintmama!自身のお身体も大切に。
Commented by with-Mint at 2006-01-19 08:45
スタルカさん、ネット浦島中なのに、お出で下さってありがとうございます。
ただでさえ帰省で気分がダウンする年明けなのに、諸々が重なって凹み気味です。
でも、そろそろ気を取り直して更新しようと思ってますので、どうぞよろしく〜 <(_ _*)>
by with-Mint | 2006-01-10 09:24 | daily life | Comments(2)

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint