三月雛の膳

久しぶりに用事がない日曜日だったので、お昼に丸ビルの招福楼へ。
ここのお料理はほんとに珍しげな物が出てくるわけじゃなく、
ただただ良質な茶懐石のお料理。
最初の白酒がめっぽう美味しく、最後のゼリーまで、素材の良さにしみじみと
味わった。
お財布にやさしくないのが玉に瑕だけど、う〜ん、仕方ないのかなぁ。

今回当たり前ながら気がついた事。
春の和食は貝が出てくるってこと。
帆立以外は、生の貝が苦手な私はよっちゃんにパスするものが2品もあってちょっとがっかり。
やっぱり苦手だと言った方がよかったかなぁ・・・
でも、以前苦手な物として生の貝とお店に言ってしまって大好物の雲丹まで変えられ
泣きをみてからは言わない事にしたんだっけ。
今日も雲丹があったもんなぁ。
そもそも雲丹って貝なんだろうか・・・





b0034284_2233563.jpg

b0034284_2235251.jpg

b0034284_2246100.jpg

b0034284_2242174.jpg

b0034284_2243455.jpg

b0034284_224469.jpg

b0034284_225059.jpg

b0034284_2251151.jpg

b0034284_2252453.jpg

by with-Mint | 2008-03-02 22:04 | gourmet | Comments(0)

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint