カテゴリ:gourmet( 46 )

連休ラストデー

連休の最後は大ちゃんゆかりの味巡り

登龍は担々麺を食べるなら麹町店、餃子を食べるなら麻布十番。
大ちゃんの定番メニューはニラそばと餃子なんだって。
b0034284_19284058.jpg

b0034284_19284017.jpg

ピータンは食べないんですか?とお訊ねしたところ、登龍では召し上がらないとのこと。
今日は麺を少なくしてもらったので迫力にかけるけど、実際はニラとキクラゲの量に圧倒されます。
近くのお宅は出前でニラそばを注文すると昔聞いたけど、ニラそばは常連さんの定番みたい。

次は目黒のこのお店。今日は持ち帰りにしま〜す。
b0034284_19284151.jpg


2軒つきあってもらったので、〆はアフタヌンティー
b0034284_19284222.jpg


ホテルの経営が変わったせいかなぁ・・・スコーンのお味がちょっと変わってしまったかも
by with-Mint | 2015-05-08 19:28 | gourmet | Comments(0)

春の恒例 フレンチ

今年はアイスショーに全く行かないのでゴールデンウィークは全部家族デー
日曜はお休みでも祝日営業しているフレンチに来るのはほぼ毎年

春はホワイトアスパラガス。今年はオーソドックスなオランデーズソース
b0034284_10431649.jpg

フォアグラのラビオリ 
b0034284_10431639.jpg

b0034284_10431672.jpg


今年はタンポポがあった〜〜!こちらも今年の副素材はベーシックにベーコン
ボールで少しオーブンに入れつつヴィネグレットソースで和えるという
b0034284_10431623.jpg


リードヴォー オマールの温製テリーヌ
b0034284_10431617.jpg


デザートは大人しくケーキは2種類
b0034284_10431644.jpg

胡椒のアイスクリームと、牛乳、りんごのソルベ
b0034284_10431658.jpg


少し前からハーブティーのハーブセレクションをこんなプレゼンテーションにしてる
競争が激しいから、細かい努力が必要なんだなぁこんな老舗でもね
b0034284_10431693.jpg




今回はアラカルトでなくコースに季節のオススメをプラスしてもらったので
お皿はフルポーションでは無かったけど充分だった。
色々お店を食べ比べるとソースの素材とかにお店の格が現れてくる
やっぱり間違いの無いお味、クオリティー でした〜♪
by with-Mint | 2015-05-04 22:43 | gourmet | Comments(0)

久しぶりに櫻川

開校記念日でお休みだからお休みは混む鎌倉に行くつもりだったのに天気予報では
春の嵐ということで、都内で和食となりました。
最近櫻川はお昼でも夜のメニューを頂いていたけど、太り気味なので、通常のお昼に。
ここで1番のお気に入りはなんと言ってもお椀。
最初の一口から最後まで美味しく感じる塩梅で、一度も失望したことがありません。
それなのに、うっかり写真取り忘れましたぁ

b0034284_23371118.jpg

b0034284_2337129.jpg

b0034284_23371390.jpg

b0034284_23371464.jpg

b0034284_23371594.jpg

by with-Mint | 2015-04-15 23:37 | gourmet | Comments(0)

地元フレンチ

b0034284_222414.jpg

b0034284_2224293.jpg

b0034284_2224267.jpg

b0034284_2224378.jpg

b0034284_2224337.jpg

b0034284_2224423.jpg

休日に夕方まで仕事があったので日曜日に行けるお店を地元で探した

ネットで見つけたフレンチに行ってみた

お野菜中心の身体に優しいお料理というコンセプト
とにかくお野菜の種類が沢山出てくる
アミューズの牡蠣のロワイヤルがクオリティー高かった
デザートのグリーンアスパラのクレームブリュレも香りがしっかり感じられて面白かった

時間のかかる凝ったソースは無いけれどどれも工夫されていておいしかった

ただ時間がかかってミントのご飯が遅くなってしまったのが…
次回はランチにするしかないかな

それだけが惜しかったな

まずまずのお店を見つけて収穫でした
by with-Mint | 2015-03-23 02:22 | gourmet | Comments(0)

ウエスト 青山ガーデン

b0034284_15325555.jpg

昔ながらのホットケーキ

マジ ビッグサイズです
直径18cm以上あるぅ
by with-Mint | 2014-05-29 15:32 | gourmet | Comments(0)

スポイト付きサバラン

b0034284_13464825.jpg

サバランにラム酒の入ったスポイトが
by with-Mint | 2014-05-24 13:46 | gourmet | Comments(0)

久しぶりの葉山

ソチオリンピックが終わり抜け殻状態がまだまだ続いてます。
寒さが身にしみて出かけることもろくになかったけど、
久しぶりに相方の気分転換ランチにお伴しました。

b0034284_2354427.jpg


b0034284_23544252.jpg


b0034284_23542788.jpg


b0034284_2354569.jpg



見た目にも春らしいお料理をピックアップしました。
美味しかったけど、なんだかポーションが今までより小さめなんじゃない?
最後のメインなんか特に・・・・これって実質値上げ?
お魚料理を楽しみにドライブかたがた葉山のここへ・・・というお気に入りの休日ランチが
もしかしたら崩れるかも・・・なんか寂しいなぁ

あ〜ぁ、私の気分がスキッと晴れることはそうそうなさそうだなぁ。
やっぱり大ちゃんの膝が治って再び滑る姿を見られる日まで、じっと我慢の子で真面目に行いを正して待つしかないのね。
by with-Mint | 2014-03-10 00:22 | gourmet | Comments(0)
Mintの病院を紹介してくださったお料理の先生がHPSalon Pile ou Faceを始められたと知り、久々にクリスマスの特別講習会に参加してきました。

レギュラーのお教室はデモンストレーション方式で生徒は作らないのだけど、今回は実習付きだったので足を引っ張らないかドキドキ
b0034284_0305763.jpg

シュトーレンはイーストを使ったパン生地にフルーツとナッツを漬け込んだものを混ぜ込んだものでした。
しばらくパン作りをしていなかったのでこねる作業の力のいれ具合が足りなくて、生地を纏めるのがちょっと・・・・・発酵中です。
b0034284_0341793.jpg

焼き上がりにバターをたっぷり塗ってグラニュー糖をまぶしているところ
b0034284_0372155.jpg

いただく直前に粉糖を振りかけてカット。
シュトレンの形はキリスト生誕の時のおくるみ姿を表しているのだそうです。
今まで何も知らずに食べてましたぁ。


b0034284_0354330.jpg

同じ漬け込みフルーツをつかってフルーツケーキも作りました。
こちらは生地にバターがたっぷり。
b0034284_0391142.jpg

数日経った方が美味しいので、事前に先生が焼いておかれたものを試食。
スパイスたっぷり、甘さ控えめの大人の味でした。
b0034284_0412372.jpg

綺麗にラッピングして頂きました。
これだけでもしっかりクリスマス気分♪

今回はケーキを焼く回だけ参加しましたが、1ヶ月前にフルーツとナッツ類の漬け込み作業がありました。
来年用にこの冬にフルーツの漬け込みをしてみようかなと思います。
シュトーレンはドイツのものですが、イギリスのクリスマスプディングや、ミンスミートパイも
漬け込みフルーツを使うのでまとめてどっさり仕込もうかな。


by with-Mint | 2010-12-18 22:02 | gourmet | Comments(0)
遠方に住む長い付き合いの友達が、久々仕事以外で上京してくるので、お楽しみ企画をすることになった。
彼女は多面性を持っていて、知り合った頃は家事全般を完璧にこなすお嬢様な雰囲気を残した良妻というイメージだったが、今はバリバリ仕事をこなすキャリアウーマン。
雰囲気は物静かでも、スキーは指導員資格を取得する程の運動能力を持ちアラフィーとなった今でもボディーメイクには一家言持っている。
そんな彼女の根底に流れているのは、なんでも中途半端は嫌いな完璧主義者なのかもしれない。
そんなところがGREEで日記を毎日更新している事にも現れている。
今回はそのネタになりそうなものをとの事。
私が企画するのだからしばらく東京暮らしから遠ざかっている彼女にと、思いっきり東京っぽいグルメ系をいくつか提案。
彼女が選んだのはミシュラン☆企画。
2009年度版が発行されて間もないので予約が取れるかが問題だ。
私がピックアップしたお店からいくつか選んでもらい希望順に電話を入れたところ、
1番:☆☆フレンチは満席(まぁ当たり前か)
2番:新☆☆フレンチは電話が繋がらず(やっぱな〜)やっと繋がったら満席(だよねー)
3番:☆☆へ昇格したイタリアンではすんなり予約が取れた。
とりあえず、ミシュラン☆企画は成立。
でも時期が時期なだけにキャンセルも多いだろうと思い、1番2番のお店にはしっかりキャンセル待ちの希望を告げておいた。
ここまでは先月末のお話。
そして前日の午後2時過ぎ、やっぱり2番のお店から電話がO(≧∇≦)O イエイ!!
3番の☆☆イタリアンにはキャンセルを。
ごめんなさい<(。_。)> でも、いずれ必ず伺いますぅ。
ということで、“2009年度版初登場☆☆フレンチのエディション・コウジ シモムラでランチ”に企画は決定。

お料理からサービスにまで辛口評価をしながら以下のお皿を平らげた。
b0034284_13361691.jpgアミューズは生ハムとケッパーの茎、バジル風味のミニバーガーとパルメザンのテュイル
面白いけど特筆すべきものはなし。


b0034284_13201336.jpg私が選んだ前菜は冷製ブータンノアール
カンテサンスが斬新なブータンノアールで評判を取ったからなのか、先日のシェ松尾に続きここでも登場していたので比べてみたくなったのだ。
どのお店も一応☆付きであるからして、どれも美味しいモノだったが、造りは全く別物。
ネットリとして濃厚なのだが生のリンゴと一緒に頂くからなのかしつこさは感じない。
私としてはちょっとチョコレートみたいで滑らかすぎるような・・
古典的なブータンノアールが苦手な人にはクセも何も無くて受けるのかもしれないけど、味わいが無くて物足りない感じが。
意地悪い言い方をすると、これなら別にブータンノアールじゃなくてもいいジャンっていうか。
シェ松尾の場合は生クリームが使われているようなムースっぽい柔らかい状態で、乳製品の濃厚さやコクが前に出てる感じもしたが、お味は好きだったな。


b0034284_1321417.jpgフォアグラ好きな友達が選んだフォアグラといちじくのテリーヌ。

b0034284_13211856.jpgシェフのスペシャリテ
カダイフを纏った的鯛のフリット
見た目だけでは特筆することはないのだけど、揚げ物って事を忘れるほど軽やかなのはワザなんだろうなぁ。
上にチリチリとしたチーズが乗り、その上にはブロッコリースプラウトが。
ブロッコリーのクーリは特筆する物ではなかったが、レモンのコンフィチュールの酸味がメリハリを利かせていたのは私好み。


b0034284_13345374.jpgメインのお肉は鴨のロースト
奇しくも先日のシェ松尾と同じだったので、またまた比較。
料理としてはこちらの方が新鮮みを感じたのと、ポーションも少しこちらの方が大きくて(ここ大事!)焼き加減もすべて少しずつこちらに軍配が。
この鴨のローストだけで評価すると、カンテサンスが☆☆☆、ここが☆☆、シェ松尾が☆というのには納得させられた。

b0034284_13352057.jpgデセールは
生クリームを使わないカカオのガナッシュとカカオウォーター
テーブルでオリーヴオイルがかけられ、粉末状のカカオソルベが添えられる。
スイーツでは初めての黒オリーヴも使われていた。
ガナッシュにちょっぴりかかっている塩が抑えられた甘味を引き出している大人のデセール。


b0034284_13353890.jpg最後のミニャルディーズは
豆乳とチコリコーヒーのプティポのグラスにルバーブのコンフィにむかごが乗せられていた。


画像には無いが、私が選んだハーヴティーは◎で、ポットがおしゃれだった。
ただサービスの人数が☆☆としては少なすぎたし、可も無し不可も無しだった。
ここの点では先日のシェ松尾には遠く及ばなかった。

彼女との食事は昔から美味しいモノを目掛けてか、或いはファミレスでコーヒーとサラダのみダイエットで話しがメインかの両極どちらかだった。
彼女の仕事が忙しくなって長電話も減ってしまったので今回は込み入った話もしたいし☆☆フレンチもしっかり味わいたいしで、私としては多少中途半端になってしまった感が・・・
たまの休みなんだから早く帰さねばとも思いランチの後も時間を気にしながら小一時間話しただけで・・・
仕事でも私生活でも変化を迎えようとしている彼女にとって有意義な1日であったかが別れた後気になってしまった。
ま、最低限日記のネタにはなっただろうからそれでよしとしてくれてるかな。
by with-Mint | 2008-12-16 23:36 | gourmet | Comments(2)
b0034284_10372726.jpgちょっと早めの忘年会となった。
エントランスからベージュピンクのポインセチアでクリスマスの雰囲気

b0034284_10383372.jpg去年と全く同じメンバーが集まり健康を祈って乾杯。
今年は一階の奥、お庭の見えるお部屋。
外交官のお屋敷だったところなので、大きなホールではなく小部屋がいくつもあるのでどこも個室感覚で落ち着ける。


主なお料理・・・・・
b0034284_11112836.jpg前菜は去年も出された冬の定番メニューになりつつあるもの。

b0034284_11115967.jpgブータンノワール、林檎、冬キャベツのシュペルポジション

カルヴァドス風味のクレーム・スプムー
ブータンノワールの濃厚さがきつくなくてふんわりしていた

b0034284_1118784.jpg牡蠣の柔らかなフラン
ポロ葱のクリームスープ仕立て

b0034284_11191057.jpgロゼに火を通した、メカジキ
香味野菜のアロマティゼ
お皿の使い方が面白い。

b0034284_1121120.jpgブルターニュ産鴨のロースト
松尾嗜好

皆さんのお腹にはちょうどよかったみたいだけど、私は3切れに切り分けるのが精一杯であっという間に無くなった。
今は胃のコンディションが良いものだから・・・

b0034284_11251866.jpgデザートは
焼きたてのチョコレートケーキ
シングルモルトウイスキー風味 松の実のアイスクリーム添え

松の実とウイスキーの香りがとても香ばしい。


いつもながらあっという間に楽しい時間は過ぎて・・・・

b0034284_11284791.jpg帰り道忠犬ハチ公の向こうを張って出現したsoftbankのお父さんを発見。
銅像ではなくて、とってもリアルなのにビックリ!!
クリスマスの出で立ちでお父さんがんばってました。
by with-Mint | 2008-12-04 22:51 | gourmet | Comments(2)

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint