カテゴリ:gourmet( 46 )

連休最終日〜

最終日と言っても土曜日は仕事だから我が家は2連休だっただけ〜
b0034284_23574977.jpg
ぎゃおす農園の苗、とりあえずこんな風に植えました。
ちょっと空きスペースがあるんだけど、のびのびしてもらうか或いは他になにか混植するか・・・思案中ですぅ。


カーナビの修理ができあがったので、取り付けに行った帰りに東麻布の富麗花でランチ。
b0034284_23505592.jpg
ここのオススメは焼き物と北京ダックだそうで、プラスお醤油色したチャーハンもトライしてみたいので、それらが入っているコースにした。
最近前菜の盛りあわせでよく出てくる豚バラのバリバリ焼きも入っていた。
ここで4回目だけど、豚バラジューシーで、皮はバリバリ。
チャーシューも同じくジューシー。
点心の小籠包は追加オーダー。鼎泰豐の小籠包よりちょっと大きくて繊細さには欠けるものの、お味はよかったし、他の点心も○でした。
スープはごく普通。北京ダックはダック自体がかなり小さくて、それにより皮が通常より極薄くてアメがかかったようにバリバリというよりサクサクに近い歯ごたえ。
2人で1/4羽だから1人2個になるかな〜って思ったけど、1枚に巻き込んで1人1本でしたぁ。
元々すご〜〜く好きって程じゃないから感動って事もないけど、なかなか美味しいとは思ったかな。
チャーハンは色からは想像ができないけど、お醤油辛いわけじゃなくて普通に美味でした。サービスは感じ良いしお味も良いのだけど、なんだかコースの内容がお肉料理が無くて若干さびしんぼでしたぁ。
だからお味の事色々語る程食べてないって感じがしちゃって・・・
北京ダック入りのコースをランチで、っていうのが無理あったのかなぁ・・
でも、汁ソバと点心3個にデザートがついて1700円のコースはお得感があってよさそうでした。
お昼に欲張らず麺料理にしておけば良かったかも。
by with-Mint | 2008-02-11 23:51 | gourmet | Comments(2)

雪の中〜赤坂 菊乃井

夕方から雪の予報にもめげず、赤坂の菊乃井へ。
夏以来半年ぶりで、2月にここへ来るのは初めて。
b0034284_22195793.jpg

画像左上からカウンター越しに見る中庭。乾しなまこの蒸し物。八寸
お造り:てっさ、白子。ふぐの皮、ポン酢ゼリー。
お椀:シャラン産鴨の真薯、蓬餅、薄氷に見立てた聖護院蕪。
焼き物:松葉蟹の炭火焼き。豆乳の白子豆腐。京野菜のカニの葛餡。
初午ご飯と粕汁。カステラプリン・金柑とヨーグルトのアイス。抹茶アイスと白玉小豆。

てっさはちょっと厚みがあって、うまみがしっかりわかる感じ。
塩とスダチで頂くのもよかった。
白子をお造りでというのは、私は初めてで、素材が良くなきゃ出来ない事。
お味と関係はないけど、スダチの種を取り除いてあるのは、私の経験ではここぐらいかな、そういう心遣いも大切な事だと思う。
シャラン産の鴨というのは、フランス料理でよく使う素材だけど、和食では初めてだった。
中心はピンクという火の通り具合でしっとり柔らか。
カニの甲良酒が相当な美味でした。
先日近所のお寿司やさんでも甲良酒を頂いたけど、お酒が違うのか断然美味しかった。
炙り方と、使う日本酒が違うのかなぁ。
お訊ねしたら、お酒は『山田錦』なんだとか。
デザートはアイスクリーム類がいつも美味しい。
お腹が一杯になった後でなければ、カステラプリンも良かったはずだけど・・・
金柑とヨーグルトのアイスはヨーグルトの酸味と風味が程良かった。

お料理とは別の話題になるけど、今夜は我々の両側に座ったのは、どちらも男性1人のお客だったのには驚いた。
2人ともお酒も飲まず黙々と食するのみ。
特別室に○○テレビのご一行様が居たらしく、帰りがけに○島アナがカウンターのお客に声をかけてきた。
横並びだからわからなかったけど、カウンターにも関係者がいたみたい。
不思議な偶然だけど、麻布の幸村で『間人かに』を食した時も○元康と○ノパンが隣の席だったなぁ。
あ、○島アナは○ヤパンなんだった。
駐車場が見つからないと困るので、車はニューオオタニに置いてタクシーで行き、帰りがけにSATSUKIで連休中に食べるパンとケーキを買って帰った。

車で地上に出ると、菊乃井を出た時よりさらにしっかりとした雪になっていて、ダジャレ言ってるばやいではなくなった。
b0034284_23412727.jpg
迎賓館前の公園
美味しいお料理とお酒でごきげんさんのほっぺに雪がかかって良い気持ち〜

b0034284_23523765.jpg
長さ20センチほどある『スーパーエクレア』
9時過ぎに帰ってきたので、11時頃には小腹が空いてちょうどよいお夜食でした〜

明日は粗食にして帳尻合わせだ!
by with-Mint | 2008-02-09 22:18 | gourmet | Comments(0)

私的変則ダイエット

しばらく会ってなかった友達から久々にメールが。
長年調子が思わしくなかった股関節を治す為オペを受けて入院中との事。
お正月明けに風邪をひいてしまったのでちょっと遅れたけど、
昨日お見舞いがてら3年ぶりの再会をしてきた。
友達は思ったより早い回復ぶりで、病院を変えてリハビリに励むまでもなく
来月半ばには自宅に戻れるという。
医学の進歩はすばらしい。
私の膝がダメになる頃にはもっと楽になっているのではないかと期待がもてそう。
友達と私は背格好がちょうど同じぐらいなので以前から下半身に整形外科的問題を抱えている者同士体重は増やしちゃあかんと言い合ってきた仲だ。
グルメな彼女は入院による食事の低カロリー化に伴いかなりスリムになっていたみたいで、私も気をつけねばと改めて反省。
彼女は暇に任せてあちこちメールを出したそうで、私が着くとちょうどお客が帰るところで、1時間ほどすると、また次のお客がやってきて、ところてん式に失礼することになった。
ちょうど近くで仕事だったよっちゃんと合流してご飯を食べることになり、駐車場の心配がない丸ビルに。
時間的にMintも待っているのでさっさと食べて帰れる豚カツにした。
b0034284_16345612.jpg
グルメ番組でよく出てくる【東京X】という豚さんのロースカツ。
豚カツは私がロース派よっちゃんはヒレ派なんだけど、東京Xはロースのみのメニューだったので、2人とも同じもの。
できればソースでなく塩で食べてくださいということなので、半分はお塩で。
肉質は霜降り状態らしくジューシーで柔らかく甘味もあった。
よっちゃん曰くもう少し歯ごたえのしっかりした方が好きかも、だって。
最近褒め言葉に『柔らかい』が連発されているけど、歯ごたえってものも美味しさのうちだという気がする。
とはいうものの、私的にはそこそこに美味しかったです、ハイ。
いつもなら大食いの我々はこれだけでは足りず、この季節なら牡蠣フライ、そうでなければエビフライなんかを追加するところだけど、昨日は急ぎなので、豚カツのみ。
もちろんキャベツはおかわりしましたけどね。
そのかわりに地下にあるCHIANTIでケーキを仕入れた。
b0034284_16342481.jpg
チーズケーキの“フィヤドーネ”、チョコレートとマロンペーストのロールケーキ“ネスラード”この2つは定番中の定番。もうひとつレモンタルトの計3個。
去年あたりまではケーキはだいたい5個買っていたのだけど、最近は3個に自粛。
そしてケーキがあるときは食事の際ご飯を抜くとかしてカロリー調整をするようになった。

久しぶりに懐かしい味に舌鼓を打つと、なんだかお店にも行ってみたくなった。
あ〜ぁ懐かしいなぁ。
そうそう、大昔お店の前をちょうど渋滞でのろのろ走っていた時のこと。
すごく雰囲気のある男性が歩いてくるのが目に入りじっと見てたら奥田英二だった。
CHIANTIに入ったのを見た私は思わず車を停め自分も入ろうかと思った。
でも、イヤ待てよ・・・今日はすっぴんじゃぁないか!
だめだめとても会えないわ・・・とそのまま通り過ぎるしかなかったって、、あ〜ぁ遠い遠い昔の想い出だわ。
友達に話したら、奥田英二あなたなんて見てないんだからすっぴんでもかまやしなかったのに、とバカにされたっけ。

話はダイエットにもどり・・
ダイエットモードに入っている時は今までケーキやハイカロリーの外食を我慢したりしてきたけど、12月あたりから食べたいものを食べて我慢しやすいものを控えて調整するようにするようになってきている。
健康に配慮し食事のタンパク質と野菜類は削らないで、炭水化物は間食で摂るってとこかな。
b0034284_1634649.jpg
木曜日のケーキ。これは初めてで、パイヤールってニューヨークから来たお店。
キャラメル味のケーキ、バナナタルト、レモンの味がするムース系の3種。
特筆する事はちょっとなかった、残念。
これを食べたので夕食はかつおのカルパッチョとサラダのみでご飯無し。

b0034284_22543339.jpg
今日のケーキ。ニューオオタニのSATSUKIでゲットしてきたよっちゃんのお土産。
メロンといちごのショートケーキは“スーパーショートケーキ”シリーズ、レモンパイは“クラシックレモンパイ”という3種。
今日はお昼が遅くてこんにゃくみそラーメンだったので、ケーキをお夕食とする。
今週はケーキが続いてしまったので、食事がまともではなかったですにゃ。

最近朝にラーメンという人が増えているんだとか。
高カロリーのラーメンを夜遅くに食べると胃にもたれたりオーバーカロリーになるので朝のうちに食べてその日のうちにカロリーをその分しっかり消費してしまうというケースと、昼や夜ご飯をそのぶん減らして帳尻を合わせるというケースがあるんだって。
ま、私もそれと似たやり方ですね。
屁理屈こねながら食べたいものを食べる苦肉の策的ダイエットなりね。
by with-Mint | 2008-01-27 23:45 | gourmet | Comments(2)
先週友達とランチしたピエール・ガニエールのレポートを。

東京に進出してからもう2年、一度は行きたいと思いつつそもそも頻繁にフレンチへ行く訳でもなく、相手がよっちゃんともなると知らないお店よりわかってるお店をつい選ぶので、ずっと行けず仕舞いでした。
ミシュランで☆☆を取ったことだし、とりあえず友達とランチで下見をしてみる事に。
予約の時に20名ぐらいの団体客がいるけど構わないか?ときちんとことわりがあったのはなかなか良心的で好印象。
デートでもあるまいし、気兼ねなくおしゃべりできるし気にしな〜いということで、決行したのだけど、到着してみるとなんとワインの解説者付きグルメツアーのご一行様で、レストランの雰囲気はそこなわれたものの、ワインの説明が聞こえてくるので、ちょっぴり勉強になったりして、不快になる事はなくてよかった。
それにしても、そのツアーのメンバー、解説者以外の男性はたった1人!あとは昔のお嬢様ばかり。
この年代の女性ってとってもパワフル!
そんな雰囲気に乗じて、お料理の写真を撮って良いか訊ねると、フラッシュ無しならOKとのことで、今回は全部撮りました〜!
メニューはアミューズ・前菜・お魚・お肉・デザートのコースに。
ちなみにアラカルトはちょっと(いやかなり)素晴らし〜いお値段でした。

b0034284_20391996.jpg
「このカメラでバッチリ撮ってくるから、ミンちゃんお留守番頼むニャ〜」
「ふ〜ん、あんまり食べ過ぎんにゃよ〜」

フリーズ続きで縮小したけど、そのお料理はこちら・・・
by with-Mint | 2008-01-24 20:42 | gourmet | Comments(0)
今日はよっちゃんの誕生日。
その前祝いということで、一昨々日ペニンシュラのヘイフンテラスに行ってきました。
風邪だったので止めてもいいよと言われたけど、なかなか予約がとれないらしいし、ホテル内だから目の前まで車で行けるしということで決行。
b0034284_17515274.jpg
ボクはもちろんお留守番でしたにゃん。    by Mint


残念ながらお料理の写真撮影はNGという噂を耳にしたので、(人間が入っていればよいそうですが)今回は無し。
ところが、着いた早々席に案内される前にトラブルが。
呼ばれるまで待つように指示された部屋には座るイスも残っていなく、ムッとする。
案内しに来たと思ったら名前を2度も間違って、よっちゃんが「2度目だよ!」と切れる寸前。次は帰るぞ!と手ぐすね引いて待ってると、ペコペコしながら3度目の正直で案内されるというスタートからなにやら不穏な空気が。

果たしてこの先は・・・・
by with-Mint | 2008-01-15 18:22 | gourmet | Comments(2)

慰労会 パート2

恥ずかしながら食べ物ネタが続き・・
今年もやってきました、櫻川。
なんだかお正月恒例になりつつある感じ。
b0034284_2217557.jpg
ぎゅっと詰まったおせち料理・子年の器にはなまことこのわたの酢の物・
お椀は、お雑煮。お餅のかぶら蒸し仕立てに炙った唐墨。ここのお椀は最初の一口から最後まで‘あ〜美味しい’が続く。去年も唐墨が入っていたけど、お餅と唐墨よく合います。
ふぐのうすづくりと、煮こごり。
今年はポン酢にもみじおろしが添えられているのではなく、ひと工夫が。
自信はないけど、もしかすると若干ごま油の香りがしたような・・・
b0034284_7341993.jpg
お造りはいつもほとんど変わらないのだけど、これだけ沢山の種類が入っているのは楽しい。でも少しずつ変化があって、いつ頃からか忘れたけど、まずヒラメのヒレの唐揚げがつくようになり、つぎに縁側はさっと焼いて昆布じめにして供されるようになった。ちょっとした変化に気がつくと大将がんばってるな〜と嬉しくなる。
お赤飯には白いいり胡麻。去年は普通に黒胡麻じゃなかったかなぁ・・
焼き物は、甘鯛の一夜干しに帆立が乗ってました。
b0034284_7344257.jpg
お正月の炊き合わせは筍と決まっている。初めての時は、季節感を大事にする和食のお店でお正月に筍?!?!?って思ったけど、九州でお正月用に栽培されてるそうな。そういえばおせち料理に筍が使われてるところをみると、縁起物なのかな。勢いよく伸びるからってことかも。春のものよりもゆっくり大きくなるのでアクも少なくて優しいお味。
ご飯は、よっちゃんがここの定番、フカヒレと湯葉のあんかけご飯。
私はカニ雑炊。もちろんシェアしましたよん。
b0034284_7351345.jpg
デザートはフルーツのゼリー寄せにイチゴのアイス、マンゴーとヨーグルトのソース。
ゼリー寄せに変化がつけられてるけど、これも定番。
最後は季節の練りきりか定番のわらび餅。
ここは、お抹茶の後に塩番茶がくる。
これってこのお店以外では出されたことがないし、ここで始めて知ったものだ。
お口がさっぱりして、とてもよいです。

お店を出るときだいたい決まって大将が挨拶に出てきてくれる。
六本木にお店があった頃は、カウンターごしの挨拶だけでなく、お店の外にまで出てきてずっと見送ってくれた。腱鞘炎になってカウンター越しに器を出せなくなり閉店した時はどうなっちゃうんだろうと、凄く心配になったけど、日本橋のこんな立派な場所で再開できてほんとによかった。やっぱりこの大将、誰も放っておかないよねぇ。
なじみのお店でいくつかミシュランの☆がついたけど、櫻川に付いた☆はほんとにうれしかった。
大将がんばってニャ!!
by with-Mint | 2008-01-05 22:04 | gourmet | Comments(0)

フレンチ始め

今年は出来る限り更新をしようと思うと、どうも食べ物ネタが多くなりそう。

b0034284_1015193.jpg
毎年帰省の後は慰労会ってことで、美味しいモノを食べるのが恒例に。
先ずは以前から行きたかったフレンチ。
アラカルトがあればいつもはコースは選ばないのだけど、初めてなのでシェフのお薦め季節のコースにしてみた。

b0034284_102950.jpg

左から順に、
甲殻類のカクテル
下にはお野菜のムースが2層、甲殻類のコンソメゼリーの中にエビやカニが入り、うにとキャビアのトッピング。
黄色い泡のソースまでしっかり甲殻類のお味が。

キジのブイヨン仕立て
コース中のカップ入りスープは往々にしておざなりだったりする危険性が高いけど、
これは浮き実も凝っていたしカップの大きさもお味を堪能できるだけの分量があってとても満足。

カニのグラタン 小さな野菜と共に
ビストロや家庭料理じゃないんだから、グラタンってどんなの〜?って思っていたら、
季節の勢子ガニでしたぁ。
サバイヨンの下には身がぎっしりと詰まっていて、お野菜とのバランスも◎
やっぱりカニは自分でホジホジするよりプロにお願いしたいです。
自分でするのも嫌いじゃないんだけど、味わうよりほじくるのに一生懸命になっちゃって、食べた気がしなくなっちゃうから。

チリメンキャベツ、フォワグラ、黒トリュフのテリーヌ
トリュフは私には猫に小判。
だいたいトリュフが使われているだけで、お値段がガーンと上がっちゃうので通常は避けるんだけどフォワグラも一緒なのでよかった!
チリメンキャベツって、普通のキャベツより食感が柔らかだからこういう使い方に合うんだなぁ・・
左の白い泡のソースにもフォアグラが溶かし込まれていて、美味でした。
b0034284_1021919.jpg

ハタのポッシェ キャビア添え ローリエの香り
これはローリエの香りが出色。
家庭料理でも臭い消しとしてよく使うハーブなだけに、あんまり期待もせず、むしろ気にもとめていなかったのだがぁぁぁ
ローリエってこんなに良い香りだったんだ!と再認識させられました。

鴨のパイ包み焼き、ソースサルミ
ジビエは数種類から選べたけど、やっぱりオススメのものに。
我が家お気に入りのレストラン‘アピシウス’のアラカルトだと半分でなくフルポーションになるところだけど、今夜はお皿の数も多いしちょうど良い分量。
サルミソースも重すぎず、とても程が良くてとっても美味しかった!

アヴァン デセール
画像では見えないけど、飴細工の蓋があって、その下のピンク色したものはバラの花びら。
バラの香りのするデザートって流行なのかな。
先月シェ松尾でも出てきたっけ。
ま、これは特筆すべきものでは無かったかな。

最後はグランデセールの
クレームブリュレ アン シュープリーズ
シャンパンゴールドに輝くボール状の飴細工(凄い薄さにビックリ)を割ると
中にはクレームブリュレが。
ま、これはプレゼンテーションがご馳走ってかんじでした。

お料理は分量といい、お味といい、文句つけるところ無し!
残念なのは最後のデザート2皿かな。
もちろん充分美味しいのだけど、それまでに至るお料理がどれもよかったので、それと比べると当たり前な美味しさだったというだけなんだけど・・・
お料理がよかっただけに、ちょっと点が辛くなっちゃってごめんなさ〜い。

ワインは私しか飲まないのでお値段が気になるんだけど、どれも驚くようなお値段じゃなくてホッ。
サービスも気取りすぎず、ほどほどな感じが好印象。
またシェフが日本にいる時に行きたいと思いましたです。
by with-Mint | 2008-01-04 22:11 | gourmet | Comments(0)
毎年年末年始の帰省を控えている私は12月に入るとどうも帰省の件が頭に張り付いてあまり楽しい集まりには参加できずにいるのだけど、今年は病気治療から開放されたお友達のお疲れさま&おめでとう会を兼ねての忘年会という事なので、頑張っていってきました。
b0034284_9255131.jpg仲間の1人がこのレストランの常連さんなので皇室の方も使われる個室をサービスしていただき大喜びで記念撮影。

主なお料理はこちら
b0034284_9141421.jpgオマール海老のミキュイ アルガンオイル漂香
オーガニックの子蕪 赤ピーマンのクリスタリーヌを添えて

b0034284_9143886.jpg大根のスープ
“スタンダール風”
赤い色は紅心大根によるもの。

b0034284_91518.jpg的鯛のフィレ 冬キャベツ添え 密柑のソース

b0034284_9151271.jpg牛フィレ肉のポワレ ボルドー風味

b0034284_9152524.jpg林檎のベニエ アプリコットソース オレンジの花のアイスクリーム添え

b0034284_9153870.jpgミニャルディーズ
薔薇の香りのするマカロンが美味でした。

シェ・松尾はミシュランで☆を取ったばかり。
昔から名前だけは知っていてもなかなか行くチャンスが無かったお店なので期待して行きましたが、常連さんの御陰様もあり、期待通りのお味とサービスにみんな大満足。
お庭にも出たりして、しばし年末の慌ただしさを忘れゆったりと過ごせた1日でした。
by with-Mint | 2007-12-20 23:58 | gourmet | Comments(0)

Summer Pudding in Tokyo

もう10数年前、ロンドンから帰国する間際の送別会で、イギリス人からイギリスの食べ物で気に入ったものは?という質問をされた。
私達の答えを聞いたその人は、サマープディングを食べたことないのか?と聞いてきた。
知らないと答えると、これを知らずして帰国させるわけに行かないと言う知人は
2日後に自宅に取りに来るよう約束し、自分で作って食べさせてくれたのだ。
b0034284_2244689.jpgそれがこのラズベリー、ブルベリーなど、ベリー類がぎっしり詰まっている真っ赤なプディング。

作り方は簡単だし、とても気に入ったのだけど、悲しいかな東京では材料費が高くて一度もトライしたことがなかった。
ただ、一昨年あたりから、都内のホテルのペイストリー・ブティック2ヶ所で見かけるようになり、懐かしさのあまり何度か食してはいたのだけど、昨日とうとう格安のラズベリーを見つけたので、初挑戦とあいなった。

b0034284_2263222.jpg写真の色合いがいまいちだけど、お味はバッチリだった。
時間は丸1日かかるけれど、待つ価値はあるってものだ。
直径15センチのプディング型を、ぺろっと平らげてしまいました。
う〜ん、満足!

=============================================
サッカー、コンフェデを横目で見つつ、深夜まで起きていた。
寝ようとしたら、おしっこ。
これは今日に入れるのか、明日の朝に入れるのか・・ま、今日にしとこっと。

おしっこ            計6回(午前3時10分)
うんP       無しの日
by with-Mint | 2005-06-29 23:00 | gourmet | Comments(2)

ダイエット不調

寒天ダイエットと初めて数日経つけど、効果は全く無し。
原因は、食事を減らしていないからかなぁ・・
お酒はろくに飲んでいないけどねぇ・・

よっちゃんの帰りが思いの外早く、根津のはん亭に急に行くことになった。
一の膳6本で、その都度次の膳に進むかどうか尋ねられる。
お酒ちびちびで、おしゃべりしつつという人には有り難いシステムだけど、食べるのが主目的で、しかも揚げたてをさっと平らげてしまう我々にとっては、なんともまどろっこしい。ストップかけるまでどんどん出てくるタイプの方がほんとは好み。
でも、このお店は季節によってメニューが少しずつ変わるし、食材のクオリティーは高い上、我が家から近いこともあって、たまに足が向いてしまう。
b0034284_22565426.jpgそこで今夜は初めから五の膳まで注文してしまった。
確か前回は四の膳ぐらいまでにしたはずだと思ったんだけど、、、考えてみれば全部で30本じゃない!!結構な数ですよ〜!!
b0034284_2315291.jpg季節ものとしては、トウモロコシ、稚鮎、肉巻き谷中生姜。
新ネタとしてはスライスしたプチトマトにバジルとチーズを挟んだものや、インゲンのゴマ和え、しゃこのクレソン巻きなど。
しっかりお腹いっぱいになりました。
b0034284_2259317.jpgビール小瓶だけでは足りないし、グラス注文できるのは焼酎のみなので、次は米焼酎にしてみた。焼酎はあまり飲んだことないけど、先日飲んだ伊佐美と比べると軽い香りだった。この香りって、、アルコールの香りなの??飲み慣れてないのでどうもちんぷんかんぷんだぁ・・


おしっこ 7時  10時   ・・・・・・・・・・・・計4回
うんP                       21時
by with-Mint | 2005-06-16 23:52 | gourmet | Comments(0)

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint