<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

mooちゃん二十歳になる!

老猫会のカイチョーさん、mooちゃんがmoomamaとmoopapaの愛に包まれ
目出度く二十歳の誕生日を迎えられた。
本来ならこの目出度き日を御祝いするべく撮影隊として参加することになっていたのに、マンションの総会準備とバッティングしてしまって叶わぬ事になってしまった。
たくさんの仲間が盛大に御祝いしているのに、思うような御祝いができず残念至極だった。
でも、mooちゃん、来年は期待しててニャ!!
とにかくおめでとう!!
b0034284_0403329.jpg

by with-Mint | 2006-01-29 01:31 | nekobaka | Comments(0)

梱包開始

新築マンションの一斉引っ越しには、日程を調整したり現場を仕切ったりするために幹事会社が一社選定されている。
ねこ友情報により、今回の引っ越し幹事会社は低料金だけど、あまり良くないというので見積もりして日程を確保するだけで本契約はせず、実際は別の会社にする事にほぼ決めていた。
ところが、入居説明会で引っ越し関係の状況説明を聞くと、やはり幹事会社以外の業者を使った場合、現場で冷遇されたり孤立させられる可能性が大きいようなのだ。
思案した末、見積もりを両社にしてもらい、その時によ〜く比較して決定することにした。
見積もりに来た人は両社とも感じの良い人だったのだけど、やはり初めから決めていた業者の方が料金は高くても安心感に歴然とした差があった。
日程のプランに違いがあるので簡単に料金を比較できないのだけれど、
意外だったのは不要品の引き取り料でかなり差が出た事だった。
幹事会社は割引もあるし、梱包材料はすべてサービスなのだから、引っ越し本体にかなりの差額が生じると思っていたのに・・・
引っ越し予定日はあまり混まない日になりそうなので、現場での冷遇はそれほど気にせずともよさそうと考え、処分品は部分的に粗大ゴミで出す等してがんばる事にしてでも、安心料に出費を覚悟することにした。

ダンボールがど〜んと届くと、それだけで空間を占めてしまうので、何度かに分けて配送してくれることになり、さっそくダンボールの第一弾がやってきた。
引っ越しは4月10日予定だけど、3月9日に鍵を受取り出入りできる。
そしたら自力でピストン輸送も始まるし、新規購入の家具類も徐々に納入されはじめる。
そうなったら慌ただしく行き来することになるので、それまでの約1ヶ月間に少しずつ粗大ゴミを出し、そこに出来た空間にダンボールを積み上げていくことにした。
b0034284_22565842.jpg
記念すべき梱包第一号。
お決まりのミンちゃんチェックにゃ。


b0034284_22573093.jpg
大あくびしてのんきなもんにゃ〜♪
by with-Mint | 2006-01-28 23:29 | Mint diary | Comments(0)

遊ばれてるのか〜

一昨日の事、待ちかまえていたうんPタイムはフェイントをくらって、
ご飯の後に来た。
2ヶ所の失敗現場を行ったり来たりし始めたMint.
ここでしちゃおっかな〜こっちでやっちゃおうっかな〜と、往復する後を
はらはらしながらついて歩く私。
うんPっぽい動作になると「ここは違うよ〜」という。
すると、もうひとつの失敗現場へ移動する。
玄関じゃない方の場所は本来のトイレからすぐ近くなので、
ついに私がトイレの出前をしてやっと成功(冷汗)
っていうか〜成功したような気もせず複雑な心境。

再度挑戦の今朝もご飯の前にはせず、ご飯が済んでから、様子をみていると、
フラフラとあちこち歩いていたと思ったら、
そのうち行く場所がうんP失敗現場に限定されてきて、
そのうちに匂いを嗅いで、砂をかく仕草をし始めた。
一昨日と同様、失敗現場を2度3度と往復したあげく、
やばい雰囲気を察知したので、
「ミンちゃん、トイレここよ〜〜!!と、」トイレを持ち上げごそごそ動かすと、
失敗現場からけっこう早足で移動してきてやっとこさ成功。
う〜んと褒めて、ご褒美のドライササミ。(滝汗)

トイレに問題があるなら、おしっこも失敗しそうなものだけど、
最近おしっこは玄関に靴を出しておかないようにしたせいか、
ずっと失敗はしてないので、違うはず。
やっぱり構って欲しいんだよね。

うんPのそぶりをすると、私がしきりに声をかけるんで、
ちょっとおもしろがってきちゃったかもしれない。
だとすると、うんPのそぶりした時に後をついて歩くと
それがうれしくて、かえって治らないのではないか・・
なんとなく心配な気もするけど、とにかくうんPはころころで失敗しても
こちらにはさしたる実害はないのが不幸中の幸い。

皆さんがご心配下さって、色々とアドバイスも頂いてほんとに感謝です。
引っ越しで急にバタバタするとMintが不安がってしまうだろうと考え
少しずつ、すこ〜しずつ始めれば、ちょっとだけ忙しくなっただけだよお〜って事で
Mintを不安にさせずに引っ越し当日を迎えられるのではないかと計画していたけど、
こちらの心境は、やはり実際変化しているわけで・・・
本心を白状すると、23年間も貯まりに貯まったモノを、引っ越しをチャンスに
整理しようとすると、(しかもMintに影響なくしようと、少しずつすると)
延々と時間がかかってきて、だんだんこれぐらい捨てただけで、
大丈夫なのだろうかとか、不安が増してくるようになった。
今は廊下に積んであるものも、新居ではすっかりと納戸に収まるようにしたいし・・
引っ越ししたのだから、今よりもスッキリと暮らしたいし・・・
そう考えると、もっと捨てなきゃいけないんじゃないか、
こんなにごちゃごちゃしたものを、梱包するなんていやだよ〜
もっと捨てちゃいたい、いやいや、なんでもかんでも捨てちゃもったいないぞ!!
などと、日々葛藤している心の中を、きっとMintは察知しちゃってるのかも。

少しずつ始めるといいですなんて言われて実はすでにダンボールが来ちゃってます。
ダンボールを置く場所も確保せねばならず、スペース的に全部事前に梱包するのは
無理でしょうと言われ、書籍と食器の半数は引っ越し前日に
梱包を依頼することになっちゃいました。
それ以外のものだけだと楽ちんだなーと思っていたのに
いざ梱包しようとすると整理整頓が普段からできていないので、
引き出しひとつずつ整理し始めていたら時間ばっかり過ぎてしまって・・・
いっそのこと梱包なんてせずに、ぜ〜んぶ紙袋に入れて
自分で自転車で運びたい心境だよ〜〜ん。
性格的にはMintさえ気にせず準備が出来るなら、結構楽しく引っ越し準備も
できるはずで、ここに来たときはストレスなど感じなかったのに、、、
たかがMintではあっても、やっぱり家族なのだな〜
話は変わるけど、私は子供の頃10回以上の引っ越しを経験している。
今になって、両親(特に母)がどれだけ苦労をしてその都度引っ越しをしてきたのか
改めて実感してしまうのだった。

リラックスと言っても簡単に気持ちを楽に・・・とはいかないかもしれないけど、
めいっぱい頑張らないように気持ちを入れ替えて、のんびりやることに努めま〜す。

MintのうんPもハラハラする事はせず、慌てず騒がずどっしりと構えてみますです。
by with-Mint | 2006-01-28 13:04 | Mint diary | Comments(4)

かなり重症!?

次のMintうんPは最近のローテーションでは今日の夕ご飯前後のはず、ということで、あまり気にせずご飯頂戴をかわしながら、お弁当を作っていた。
ふとMintの気配が無いので、よっちゃんにMIntの所在を確認してくれるように頼みながらお弁当を作り終わったけど、よっちゃんがまだ見つからないというので、不安になりまず玄関をみたところ、まさにうんPの最中フィニッシュしてこちらに走ってきた。
探し始めたとき、すぐに玄関のMintを見つけていたら、阻止できたはずなのに!!
私の怒りはよっちゃんに向かった。
日頃からよっちゃんは視野が狭くて、昔からよく喧嘩のタネになってきたほどで、
今日だって視野にMintは入っていたはずなのにぃ!!!!
すると、遅刻は出来ないからMintに気をつけている時間なんてないんだ!お弁当なんていらないからMintをずっと見張っていればいいじゃないか!と怒鳴り返しながら、Mintも叱りつけて、逆ギレ状態。
喧嘩なんかしている場合じゃないのだ!これで、もう連続4回のうんP失敗
明日から30分早起きしましょう!!と宣言した。

うんPの失敗直後にはご飯はあげてはいけないと思うので、
Mintのあの手この手のご飯頂戴攻撃を無視し続けること30分。
いつもならほっぺたでも甘噛みなら怒らないでやっていたけど、
それもしっかり注意すると、しばらくしてスリスリ作戦に出てきた。
そのあたりで、今日は許してやることにして、ご飯タイムに。

ちょっと冷静に考えてみると・・・
いつも、うんPをした直後にご飯をあげることが時間的に多い。
Mintもそろそろご飯を貰えるということが分かっているので、お腹が動いて
うんPをもよおすことになるのだから、仕方ない。
うんP失敗が怖くてそろそろご飯という時に、待たせることなくあげてしまうと
ご飯の時間がどんどん前倒しになってしまうし・・・
決まったご飯の時間までしっかり様子をみながら、出来るだけ引き延ばして
うんPをするまで待ってご飯をあげるという事をしないといけないよなぁ・・

今職場に着いたよっちゃんから電話。
Mintの様子を聞いてきた。
明日はいつもより慌ただしく車で送っていく曜日なので、
いつもより早起きをする事を再度宣言した。

よっちゃんは、うんPをする場所にトイレを置いてやればいいじゃないかと言うけど、
それでは問題解決にならないと思われる。
とにかく、何が何でも明日の朝か晩に成功させなければ!!
by with-Mint | 2006-01-25 09:03 | Mint diary | Comments(8)

ショック!!

お昼頃宅急便が来たので、玄関に行くと、なんとMintのうんP発見!!
慌てて始末したところ、うんPの堅さと午前中のMintの様子から判断すると、よっちゃんが出掛けてから朝ご飯までの20分程の間にしたと思われる。
こちらが玄関に行って慌てているのを察知したMintは掃除が終わってリビングに入るとちょこんとこちらを向いて座っていた。
「ミンちゃん、どうしちゃったのよぉ 悲しいよ〜〜」
というと、神妙な顔をして、目をそらした。
その後しばらくして、隣の部屋へ行ったので、一緒にお昼寝しようかと誘ったところ
すぐにこちらへ来て、こてんと隣に寝転がった。
やっぱり寂しいんだねぇ・・・
ちょっとやそっとのご奉仕では、Mintのご機嫌は直りそうもない気がしてきた。
おしっこより、まだ始末が楽なのは不幸中の幸いだけど、うんPの時間帯は予測がかなりつくのだから、こちらも注意ができるはず。
よ〜〜し、次のうんPは絶対に失敗させないぞ!!

by with-Mint | 2006-01-24 14:34 | Mint diary | Comments(0)

Mint 危険信号!!

ずっと更新をさぼってる間、引っ越し関係で落ち着かない日々が続く。
Mintのおしっこ粗相が気になるので、なんだかんだと用事が多かったかもしれないものの、外出は極力避けてきたつもりだった。
そのお陰か、Mintの粗相はおさまってくれていたのだけど・・・
なんと、ついにうんPの粗相が始まってしまったのだ! 家にいても、片づけやら、調べモノやら、書類作成など、Mintを放ったらかしにして
遊んでやる時間が激減していたせいなんだろうなぁ・・・
2度続けてうんP粗相をしているので、昨日は外出から戻ってからは、片づけながら遊んだり、猫じゃらしを工夫して刺激的に作り直したりして、おつくししたつもり。
寝るのも少し早めにして、Mintが寝てしまわないうちに布団に入り、Mintを誘ってみたところ、なんとお気に入りの場所に上がっていかず、朝まで一緒に寝たMint
やっぱりふれあいに飢えていたんだぁ・・可哀想なことしちゃったぁ・・・
ごめんよぉぉぉミンちゃん
今朝ほんとはうんPの1.5日間隔ローテーションだったが、出ないままで、時間になり朝ご飯をあげてしまった。
今週は水・金・土・日と外出予定なので、要注意!!
家にいる間は、できるだけ遊んであげるからね、ミンちゃん
by with-Mint | 2006-01-24 10:15 | Mint diary | Comments(0)
9日早朝、友達からお通夜と葬儀の連絡がきた。
実は、引っ越し先のマンション内覧会が予定されていた。
設備の説明だけなら、欠席してもなんとかなるだろうし、家具の配置などの為採寸するのは、引っ越し日に余裕があるので鍵をもらってからでも間に合うのだけど、
各部屋の内装のチェックをして不備な点や、傷などのクレームなどを自己申告するチャンスは鍵の受け渡しの前にしなければならないので、欠席はしたくない。
色々考え時刻表とにらめっこした結果、内覧会を要領よく済ませれば、お通夜の時間に駆けつける事が出来そうだと判断。
それからすぐに着替えられるよう、お通夜に出掛ける準備を万端に整え9時半に内覧会に出発。
引っ越し先は大規模マンションなので、内覧会も大勢のスタッフが勢揃いし、
なかなかものものしくて面白かった。
中庭に置かれたステンレス製の桜の木のオブジェの説明を恭しくするスタッフ。
コンパニオンなのか、社員なのか・・お揃いのコートを着込んでるけど、
これもマンションの代金に入っているのよね・・・とか、
有名な作家の作品かなんかしらないけど、こんなオブジェより、
本物の桜の木や竹を増やした方がずっとステキでかつお安いのに・・・とか、
各棟を結ぶ通路の透明の屋根や、水の流れる人工池や、ガラスの鉢、
あぁぁぁ・・掃除代で管理費食うなぁ・・・・等々
共用施設の数々を見て、この状態を維持管理するのは
(現マンションの理事会役員で関心事でもあるので)経費がかかるだろうとか、
ほんとにちゃんと運営できるのだろうかとか、
内心激しく突っ込みながらも、必死で部屋の採寸や内装をチェック。
中庭と思っていたら、ただの通路じゃない!とか、
トランクルームは空調こそ整っているものの、コンクリート張りの地下室に
ヨド物置が並んでるに等しいじゃないか!とか・・・・
期待はずれも多々あったけど、ベランダからちっちゃくではあるけど、東京タワーが
見えたことが諦めていただけにプチハッピー。
でも、ここから落ちたら絶望的だし、ネットを張るのは大がかりすぎるということで
ベランダにMintを出すことは残念ながら断念。

もっとじっくりみたいところだったけど、時間切れで着替えに戻りお通夜に出発。

こだまを降りて、タクシーで30分。
女性の運転手さんで、行き先が葬儀場だということで、事情を話すことになった。
お正月に2日間かなりの雪が降ったのだとか。
それはもう、とっても珍しいことで、日影にはまだ雪が残っている程だった。
きっと寒さも不幸の引き金になったのだろうと思われた。
30年以上も経つと、すっかり変わっていて、まるで始めてきた町のようだった。
会場に着いて受付を終えて、親族控え室に行く途中、友達のお母様が
がっくりと肩を落としてこちらに向かってみえた。
駆け寄って声をかけたが、何を言っても虚しい気がした。
友達と子ども達も続いて出てきたが、ご主人だけがクリスチャンだったということで、
色々と大変な事があるのだとかで、気丈に振る舞っていた。

棺に横たえられたご主人は、友達と子ども達のすぐ前で眠っているというのに、
手の届かないところに昇っていってしまったんだなぁ・・・と
しみじみ感じて悲しかった。
式が終わってから、友達が子ども達に病院から電話した友達だと私を紹介すると、
長女が声を上げて泣き出してしまった。
せっかく相談してくれたのに、何も良いことが言ってあげられずにごめんなさいと、
私も堪えきれなくなってしまった。
友達は始終気丈に振る舞っていたものの、仕事に復帰する気力が
無くなっているような口振りで、相当気落ちしているのがわかった。
でも、お母様はすっかり気弱になってしまわれているし、
子ども達も含めてしっかり纏めていかねばならず、悲しんでばかりいられない様子だった。
「また色々相談に乗ってね」と落ち着いたら再会する約束をした別れ際、
「なんだかんだ言ってても、(夫婦和気藹々というわけじゃなかったからなぁ・・)
居なくなったら、やっぱり寂しいもんだわ」と、ぽつんと呟いたのが
ずしんと胸に響いた。


深夜に家に戻ると、玄関でMintが出迎えてくれた。
ご主人も虹の橋でミミちゃんにお迎えしてもらっていますように・・
by with-Mint | 2006-01-10 09:24 | daily life | Comments(2)
7日の事、小学5年から中学3年の夏まで過ごした静岡時代からの古い友達が電話をかけてきた。
それも携帯からだったので、また夫婦げんかかなぁ・・・と思って出ると、
なんとご主人が倒れられて担ぎ込んだ病院で心臓マッサージ中という。
それも30分以上過ぎて医師から諦めるようにいわれたが、
本当に諦めるしかないのかどうか教えて欲しいというものだった。
よっちゃんに電話を替わり、側で会話を聴いていると、
詳細を聴いての返事は、残念だけれど諦めるしかないということだった。
私に代わると、今度は冷静な口調になり、覚悟を決め葬儀についての
相談を始めるのだった。
駆けつけるにも富士のすそ野の町なので、算段をしていたところ、
再度連絡があり、ご主人だけがキリスト教だったので、
葬儀について教会との相談もせねばならなくなったとの事。
とにかく行くから連絡をくれるように告げたまま、その後彼女からの連絡が無い。
急死なので、検死の可能性も高いし・・・・葬儀の事でもめているのだろうか・・
まぁ、彼女は大きな子供もいるし、実のお母様と同居しているから、私が心配しなくても大丈夫だろうが、、どうしているかと思うと気が気ではない。

実は、その友人には2年前にお星様になったミミちゃんという猫がいた。
彼女はバリバリ仕事をしているので、ミミちゃんの世話はお母様が主となっていた為、
次の子のお世話はもう出来ないと言われているとの事。
昨年夏、ラビちゃんの時ももしや・・・と連絡してみよう考えていた矢先、
反対に、ご主人が知人に頼まれて仔猫を連れて帰ってきたのを、
大反対して里親はお断りしたいう話を聞かされ、
こちらの話は切り出せずに終わった。
クリスマスあたりにサエコポンのサイトで取り上げられていたのにまだ見ていなかった
ふわふわのくに(泣けました)
を昨日どういうわけかふと思い出して見た私は、彼女にもぜひ知らせてあげたいと思った。
だって・・ご主人は又飼いたいという気持ちがお有りなのだし、
「ふわふわのくに」を見れば、彼女やお母様の気持ちも変わり、次の子を迎える気持ちになれるかもしれないと考えたから。
今思えば、それはちょうど友達がご主人が倒れているのを発見し、
病院に担ぎ込んでいる最中だった。
お家に戻りたがっているミミちゃんと、泣く泣く仔猫を返されたご主人からのメッセージだったのかもしれない・・・
ご主人を亡くしてしまった今の彼女を思えば、しばらく話せなくなってしまったけれど、
いつかかならず伝えるから、ミミちゃん、ご主人様、待っていて下さいね。
そして、ミミちゃん、虹の橋のたもとでパパさんを迎えてあげてね。
by with-Mint | 2006-01-09 02:59 | daily life | Comments(7)
年明けに帰京すると、毎年年賀状チェックをする以外には何もする気になれない。
今年もダラダラしながら、出し損なった方への年賀状をプリントしようとしたところ、
なんとプリンターに寿命が来てしまった!!
昨年のDVDにも困ったが、よりによって後少し・・・というところで壊れなくても
いいじゃないか〜〜〜!!!
数日あがいてはみたけど、(インクも新しいモノに取り替えたりして)
結局買い換えることに。
引っ越しでただでさえもの入りなのに・・・こうも次々と壊れなくたってぇ・・
MacのOS9を使い続けているので動くかどうか不安もあったが、
なんとか本日セッティング終了。
お願いだから、これ以上壊れないでくださ〜〜〜い。
by with-Mint | 2006-01-08 22:26 | daily life | Comments(0)

A Happy New Year!!

b0034284_2551540.jpg

新年早々お出で頂きありがとうございます。
帰省先から無事帰京したところです。
取り急ぎこんなご挨拶だけで、失礼させて頂きます。
ご挨拶回りは先になってしまいますが、、、、

本年もMint&Mintmama!共々、
  どうぞよろしくお願い致します m(._.)m  

by with-Mint | 2006-01-02 21:18 | Mint diary | Comments(9)

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint