<   2008年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

今回の親孝行イベント、Mintの健康の為お水を飲ませる必要があって、外出する時間が毎日遅くなったのは仕方ない事ではあったもののかなり残念な事だった。
午前中がほぼ使えず、家でなんとなくおしゃべりしたり、母に貸し出すCDを選んでもらったりして過ごした。
お天気が下り坂と分かっていたけど、Mintの為だから仕方ないと諦め、お昼頃行動開始。
今日は東京ミッドタウンへ。
ちょうど1周年記念を兼ねた桜祭りで盛況だった。
母は妹が泊まって良かったと報告を受けていたリッツカールトンで、まずは軽いお昼を食べたいというので、45階のラウンジへ。
天井が高くてリッチな雰囲気〜。
ゆっくりアフタヌーンティーを楽しみたいところだけど、夜は福岡から帰ってくるよっちゃんと夕食をする予定なので、サンドイッチとお茶に。
それにしても驚いたのはここのサービススタッフの美形な事。
都内のホテルラウンジ全部を知っているわけではないけれど、私の知るかぎりトップなんじゃないかと思われますぅ。
もちろんサービスの内容も文句なしでしたぁ。
父にはソファに座っていてもらって母とミッドタウン内をウロウロ〜〜
いつまでも元気で歩き回れる母ではあるけど、無理をしていつかポキンと折れてしまうような事にはならないで欲しいものです。
誕生日がもうすぐなので、プレゼントを買って貰って、ホクホク気分で夕食のお店へ移動。

関西から来た両親に和食っていうのもどうかなぁとは思ったけど、、あまり高カロリー食を続けさせるわけにはいかないので今夜は櫻川へ初めて両親を案内することに。
b0034284_1656224.jpg

b0034284_16561480.jpg

b0034284_16562556.jpg

b0034284_16563517.jpg
母にはブログは内緒なので、画像は全部は撮れませんでした。
最後の画像は筍の茶碗蒸し。底の方に白子豆腐が仕込んであったと思われます。
両親も満足してくれてよかったよかった。

今夜はマンションの共有施設である和室のゲストルームに泊まってもらった。
管理費を払っているのだから、こういう施設はもっと使わないとねー。
by with-Mint | 2008-03-30 23:58 | gourmet | Comments(0)
Mintのフード問題は後日ご報告するつもりだけど、午前中病院にフードを取りに行き始動開始が遅くなってしまった。
今日を逃すとお天気が崩れるらしいので、人出を考えて今日は車はやめて歩いてでかけた。
足腰が弱くなった父と元気な母の間を取り持つのが、ちょっと大変な役目になりそうだけど仕方がない。
先ずは新名所のTBS赤坂サカスヘ行くため地下鉄の溜池山王で下車。
首相官邸横から地上に出てみると、官邸敷地の周囲には小川みたいなせせらぎがあって、入り口付近は池になっていた。水の流れは景観も良いけれど、セキュリティーにも一役買っているのかも、などと言いながら目的の場所へさしかかると、想像通りすごい人の波。
b0034284_14331939.jpg赤坂サカスのオープニングイベントに加えて、新番組の始まる時期に行われる恒例の生特番がちょうど今日だったらしく、赤坂ミニマラソンのコースがすでにパイロンとバーで作られていて、おまけに警備員やらTBSの係員達もずら〜〜〜っと並んでいるではないか!

b0034284_14314252.jpgイベントの屋台ブースなども出ていてすごい賑わい。
父は辟易していたが、母にとってはこういう日に来たというのは記念になるというもので、まあまあよかったかな。


b0034284_14464199.jpgお腹がすいたものの、サカスでは食べる場所を探すのを諦めアークヒルズにある、中華のトゥーランドットへラストオーダーギリギリに。
ここは母が気に入っていたお店だったのだけど、お店が改装されていて、かなりカジュアルな雰囲気に。使われている食器類も今風の白くモダンなものに変わってしまいちょっとがっかり。でもお味はまあまあだったし、サービスも感じが良いのは変わりなくてホッとした。

b0034284_14365397.jpgアークヒルズでも桜祭りのまっただ中でお腹ごなしに、イヤそうな父を宥めながらのお花見散歩。
地下鉄六本木一丁目駅までなんとか辿り着き帰宅。
予定では六義園のライトアップが始まる時間までもう少し外をブラブラして、夜桜を見せたかったのだけど、だんだん寒くなってくるし、父のご機嫌も限界に達してきて結局断念。
しばらくして諦めきれない私は、母だけにでも見せたくて再度出かけようかと思いながら、我が家から六義園を見下ろすと、公園の周囲にはライトアップを見るために出来た長蛇の列が延々と続いているではないか!!
いっきに行く気も失せました。
先日撮った画像を見せて、行列の動き具合を眺めながら、お昼に居た赤坂サカスのイベントをテレビで見て満足した親子3人でありました。
by with-Mint | 2008-03-29 22:12 | daily life | Comments(0)
b0034284_13183698.jpgMintが外出時にゲロッピするようになってから、1人でMintと車で遠出するのが難しくなってしまった。高速走行時にMintがゲロッピやらトイレやらしようとした場合、気を取られて事故るのではないかとよっちゃんが心配し、出かけられなくなって早5年。
ということは実家へ帰る為にはMintをよっちゃんに頼まねばならず、結局ず〜〜とご無沙汰をしてきてしまった。
母は元気で時々1人で上京しているけれど、父は80歳を越したことでもあるし、どんな様子か少々心配なので、よっちゃんと入れ違いに来て貰うことにした。父はお婿さんの留守に来るのは嫌がって来ないのだけど、こちらの都合はその方がいいからとよっちゃんが言うので、1年半ぶりぐらいでやっと御神輿を上げてきた。

出かける前にはいつものように、Mintの肩乗り行かにゃいで攻撃〜



b0034284_13352959.jpg新幹線で上京する両親とは、有楽町で待ち合わせして、銀座をブラブラ〜♪
夕食は父のリクエストで天ぷらの近藤さんへ。
5時から7時までならばということでお席が取れてよかったぁ。
1年半前に上京したときは、旅行の帰りだったため、胃の調子がいまいちでせっかくの予約を泣く泣くキャンセル。
これで父は目出度くリベンジを果たせた。
今回はふぐの白子は時期が終わってしまって、ちょっと残念だったけど、
ウニと白魚、稚鮎が特に美味でした〜♪
私の両親であるからして大食漢ではあるものの、父はもう80歳を越している上
食事制限もあるし、母と私は体系的に腹八分目を心がけねばならない身分であるので
3人とも最後のかき揚げは涙を飲んで諦めることに。
月曜日までの4日間、ご馳走三昧になるのでなんとか少しでも抑えられるところは抑えていかねば!
猫バカお花見にはだるま状態で行く事になっちゃうよ〜〜ぉ



by with-Mint | 2008-03-28 23:10 | daily life | Comments(0)

お花見

b0034284_115579.jpg
お花見はネコ友の宴以外は毎年よっちゃんと出かけることにしている。
千鳥が淵、隅田川、青山墓地、神宮外苑、このぐらいがメイン。
お花見といっても座って何か食べるわけじゃなく、ひたすら歩いて見たり、車で通ったりするだけなんだけど。
今年は仕事で今日夕方福岡へ出かけてしまうので、お昼間の桜を見られるのはたぶん今日しかないということになり、初めて割と近くを選んでみた。
まずは王子駅近くの音無川沿いへ。
b0034284_13075.jpg

デジイチにまたしてもマクロレンズで来てしまったので、なんか思ったような写真がとれなくてちょっと消化不良気味。
b0034284_133638.jpg

時間があればもっと先まで歩いてみたかったけど、川沿いの道を途中の橋を渡り、
反対岸を戻って飛鳥山公園へ。
b0034284_14224.jpg

なんとなく上手く撮れず、残念ながらこれだけ。
b0034284_15022.jpg帰りは王子駅に戻り都電に揺られて庚申塚駅まで。
駅ホームから入れる甘味処、「いっぷく亭」の焼きそばとおはぎのセット。
どこで取り上げられてもだいたいこのセットが紹介されてます。
この焼きそばなかなかいけるんですぅ。
おはぎもあんこだけでなくご飯の部分がとても美味しいの。

b0034284_15144.jpg
あんみつとコーヒーのセットもあるんだけど、寒天がお抹茶入りでなかなか美味。
時間があれば更に乗り継いで早稲田の面影橋まで乗り、神田川沿いの桜を見たかったけど、今日はここまで。
タクシーで帰宅しました。

b0034284_1211262.jpg
マンションの駐車場入り口にある大きな桜も七分咲き。
今年の我が家のお花見はこれで終わりかなぁ。
明日からは私の両親が上京するので土曜日あたりはめちゃ混みの都内をうろうろするつもりで〜す。
by with-Mint | 2008-03-27 23:00 | daily life | Comments(0)
b0034284_0374688.jpg毎年恒例の六義園の枝垂れ桜ライトアップ。
紅葉のライトアップは一昨年行ったけれど桜は初めて。
駅に近い方の門には列が出来るほど。
実は入り口はもう一つあって、そちらから入ってすぐのところに枝垂れ桜はあるのだ。
暗い園内を歩いて桜に辿り着くのも風情があっていいだろうとは思うけど、
時間短縮の為桜のある方の門へ廻った。
想像通り、こちらはすんなり入ることが出来て大正解だった。

b0034284_0513438.jpg
枝垂れ桜は染井吉野よりも早いので、もうみごとな満開でした。
デジイチで撮るには脚を使わなきゃとても無理なので、デジカメで諦めこの程度。
幻想的な雰囲気をお伝え出来ず残念なり。
ほ〜〜んとに大勢の人達がそれぞれのカメラに桜をおさめていました。
by with-Mint | 2008-03-26 23:35 | daily life | Comments(0)

フード問題継続中

b0034284_21504456.jpg
春になるにつれ、お日様の位置もかなり高くなり、日の差す場所も変わってきて、また私のパソコンデスク前で日向ぼっこするようになってきた。
フード問題はもう少し根気強くキドニーケアオンリーで頑張ってみようかぁ。
b0034284_21552819.jpg
美味しいご飯じゃなきゃ、ぼく食べにゃいよ。    by Mint
by with-Mint | 2008-03-23 21:39 | Mint diary | Comments(0)
先日友達とランチをしたピエール・ガニエールに今度はよっちゃんとディナー。
Mintのご飯を終わらせてからのつもりだったのに、せっかく解決がついたはずのキドニーケアをなぜかがっつこうとしないので、仕方なく時間変更して帰ってからあげることにして出かけた。
今回はアラカルトにしてみた。
残念ながら店内は暗いし雰囲気的に写真は断念。
前回と同じように、コースでもアラカルトに関わらずプレアミューズとアミューズが数皿ずつ出される。
その後アラカルトで選んだ前菜がくる。
ここの前菜はどれもアミューズと同じように数皿で構成されていて
私の選んだのは「東京へのオマージュ」というタイトル
その中で一番印象に残っているお皿は、平貝のグリルにオレンジとパプリカのソース。
平貝の上にはセロリとミョウガの千切り、その上に針のような刻み海苔がパラパラ〜。
こんなに香りの良いお海苔を食べたのは初めてで、ここにまでいい材料使ってるんだな〜〜と感じ入ってしまった。
もちろんオレンジとパプリカのソースも軽い酸味があって、私の好みのお味でした。
メインは鹿のお料理に。
ここまでず〜〜っと少量ずつのお皿が続いてきたので、メインもそうなのかなぁ・・・と思っていたけれど、メインはど〜んとしっかりしたボリュームのお肉が出てきて大満足!
メインまで分量が少ないお皿が何皿も出てくるんじゃぁ、ちょっとつまんないな〜と思っていた私をバシッと裏切ってくれて超ハッピー。
チーズはワゴンから選ぶのではなくて、チーズを使ったお料理が出てくるらしく、3種類用意されていた。
私はシェーブル、よっちゃんはロックフォールを選んだけど、
どちらもベシャメルなどと練ってペースト状にしたもので、そこにお野菜やクリスピーなパンのチップやナッツ、セミハードタイプチーズのスライスなどが散りばめられていて、別にベビーリーフを使ったグリーンサラダっぽいものが供される。
このシェフは食材の取り合わせがほんとに上手いなぁとは思っていたけれど、濃厚なチーズにはシンプルでさっぱりした何気ないサラダをちゃんと添えてバランスを取っているところもさすがだと思った。
デザートはお腹いっぱいになりつつあったので、9皿構成のグランデセールを3皿だけ頂くことに。
帰ってからMintのご飯があるので、あまり酔いたくなかったから、その旨を伝えると、ワインも少しずつ3種類出してくれて、後からお勘定を見たらどれも一杯1000円
という良心的価格。
飲むのが私だけなので、ワイン代が押さえられるのは私的にポイント高い。
こういうフレキシブルな対応もしてくれるところがとても嬉しいお店。
お料理のスタイルが他とはちょっと違うところは賛否両論あるかもしれないけど、
お料理は美味しいんだから、お店の個性として捉えればいいんじゃないかなというのがディナーも食べてみた結果の感想。
それによっちゃんは、メートルがお料理を完璧に把握していて何を尋ねても答えられるところがポイント高かったみたい。
ヤッホ〜!これで、又いつか来られそうで〜す。

画像が無いので、今日のベランダから一枚。
b0034284_16394038.jpg

紫のビオラここのプランターでは生きていてくれました。
後のバラはマダム・アルベール・バルビエ。
強く剪定しすぎると芽が出なくなるとあちこちに書かれていたので、
割と高い位置で剪定したものの、内心ドキドキでした。
目出度く日当たりが良くない場所でも芽吹いてくれました!
その後には篭口がいつの間にかにゅ〜〜〜っと伸びてるのが見えるかな。
by with-Mint | 2008-03-22 23:26 | gourmet | Comments(0)
フード問題でも書いていたように、Mintはお水を飲まない子なので、カリカリといっしょにお湯を飲ませてます。
ご飯の回数が2回だけなので、お水を飲む回数が2度というのではあまりにも少ない(その時に大量に飲ませることになるので・・)のをどうにかしようと、おやつ(と言ってもカリカリです)をお昼と夜に少量ずつあげてお水の回数を増やす事に。
もうそのやり方で4年ぐらいきてるけど、最近おやつのおねだりをするようになって困ってます。
あまり鳴かない子だったし、主張もしない(でも頑固)子だったのに、最近意志の疎通が図れるようになってきて、
お食事処にじ〜〜っと座っておやつの時間を待っていたりして、そんな時に目が合うとそりゃもう可愛い哀願するような目つきで見つめ返すんですよぉ。
もしかするとこっちの理解力が増してるのかな〜という気も。
でもそこで可哀想だからっておやつをあげるのはMintの為にはならないと、心を鬼にして遊んで気分を紛らせることに。

b0034284_8484328.jpg

大好きな羽のじゃれじゃれ〜〜♪
b0034284_8485992.jpg
おやつのこと、わすれてにゃいッス


夕方注文しておいたフードを取りに病院へ。
今までと同じく500gパックにしたけど、嵩が少ない!
フードによりほんとに形状がちがいますね。
キドニーケアはMintの場合46〜50g食べられ
見た目に置き換えれば今までの1.5倍ぐらいにもなる。
にゃんとも嬉しいかぎり。

ベランダの成長株は・・・
by with-Mint | 2008-03-21 23:59 | Mint diary | Comments(2)
先日のサエコポン宅でのお集まりに、みかりんお店雑貨ショップ「ラ・シュエット」でこれから発売予定のガーデンピックをお土産に持ってきてくれた。
b0034284_4294884.jpg
サエコポンには不評のフェイク蝶々だったのだけど、Mintはまるで本物の蝶々のように反応♪
我が家では猫じゃらしとして大好評!!
b0034284_430294.jpg
最初は匂いを嗅いでチェックしていたけど、
b0034284_4312013.jpg

フェイクバタフライがじゃらしになってます
b0034284_4322184.jpg

すぐに寝ころんで遊ぶずぼらな態度は、私に似たのでしょう(爆)
フェイク蝶々には気の毒だけど、1人遊びもしてくれるので、我が家ではガーデンピックとしてプランターにさされることなく、おもちゃ箱へと収まってしまいました。

せっかくベランダガーデンにってもらったのにすんまそん。
でもMint&私は so happy〜〜♪

みかりん、ありがとね〜〜〜!!

雨の休日は季節が逆戻り
by with-Mint | 2008-03-20 23:11 | Mint diary | Comments(2)
moomamaから送られてきたリトルの贈り物。
発送のお手伝いをしたことはあったけど、こんな風に届くんだなぁ・・と一種の感慨も。
慌てて梱包をといてしまい不覚にも写真を取り損ねてしまった、残念。
moomamaは病院の先生の言われるままというだけではなく、実物のフードを見て介護人自身も善し悪し、好き嫌いを考えてみることが重要だとアドバイスをくれた。
今後ウエットも必要になる時がくるだろうからとの事でウエット系も各種取りそろえられていた。
まず、ドライフードを比べてみると、一目瞭然Dr.'s Care キドニーケアがいちばん水にふやけてくれそうで、一粒の重さも軽そうなのが分かった。
さっそくおやつに小さなボールにお湯を入れカリカリを7粒(ラッキーセブンのおまじない)入れてみる。
期待通りにカリカリはクルトンのように浮いてくれた!
もちろんMintはちゃぷちゃぷと音をたてて飲んでくれた!
moomamaに電話しながらの嬉しい実況報告ができた。

これでいけると判断し、病院にフードの変更をお願いすることにした。

夕食もワクワク期待が高まる。
b0034284_2253083.jpg一皿目のブロッコリー&カリカリのスープ仕立て


b0034284_2301398.jpg残ったブロッコリーにカリカリをプラス

カメラを構えている間にもカリカリはどんどん無くなっていく。

b0034284_2321815.jpg最後は再度カリカリのスープ仕立て
これも最後までしっかり飲み干して完食!!


moomamaの言うように、介護人の目で見て選ぶってなかなか合理的だ。
今回は腎臓アシストの問題点がハッキリ分かっていたせいで、フード選びはポイントが絞られていた為、すんなりと選ぶことができて助かった。
キドニーケア以外のカリカリは、腎臓アシストと見た目があまり変わらなかったので、もしもキドニーケアがなかったらと思うと、感謝感激雨あられモノだった。

これで1ヶ月間頑張るぞ!!
by with-Mint | 2008-03-19 23:35 | Mint diary | Comments(2)

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint