新入り苗

b0034284_2349321.jpg今年の6月からバラを始めたばかりなので、私は春のバラをまだ知らない。
どんどん増やさず一通り経験してからにすればよいのに、秋になってもバラ苗購入は収まらず結局今度の春に初めてお花とご対面という新入りが5つもいる。
ブルーベリー(引っこ抜いて実家に送られました)の後釜に植えられたアンティークレースとゴールデンセレブレーションに加えて、このお3鉢。
左の5号鉢がオールドローズの“ティプシー・インペリアル・コンキュバイン”
右の6号鉢が“L.D.ブレスウェイト”奥の6号鉢が“モリニュー”
バラを育てて初めて知ったのが、バラは花が違うだけじゃなくて葉っぱも枝も様子が違ういろんな子がいるって事。
こんな事も知らなかったとはなんて無知だったんだろうと驚くばかり。
だから全部が剪定されてお花どころか葉っぱも無い状態であっても、自分ちの子ならたとえ名札がなくても見分けがつくようになった。
もちろん何十種も育ててる人は全部見分けがつくのかどうかはわからないけども、少なくとも我が家はまだ10種を少し超えた程度だから全部わかって当たり前よね。


b0034284_1333169.jpg晴れていても外の気温はかなり寒くて日向ぼっこは無理。
ここはレールの溝が温められてのんびりするには絶好の場所。

肉球に感じるお日様のありがたさニャ。    by Mint
by with-Mint | 2008-01-31 13:12 | gardening

きまぐれDiary with Mint


by with-Mint